固定スペース

ごあいさつ

IMG_3014.JPG

 

発達支援カウンセリングOoko Line(おーこライン)のホームページにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。 

 

はじめまして。カウンセラーの 尾島美央子です。

Ooko Lineは、自閉症スペクトラム、発達障害、グレーゾーンといわれる発達に凸凹のある方や、困り感、生きづらさのある方のご相談をお受けしております。

 

・言葉やコミュニケーションなどの発達に不安を感じるお子さん

・かんしゃく・パニック・多動・こだわりなどの困り感を減らしたいお子さん

・コミュニケーションが取れず、指示が入らないお子さん

・不安・緊張が強く、園・学校生活に支障があるお子さん

・生きづらさから、発達障害の傾向を感じている大人の方

・仕事や子育てが辛く、発達障害かも知れないと悩んでいる大人の方

・対人関係・自己否定などで、お悩みの大人の方

 

など発達凸凹児のママさんや、傾向のある大人の方から、ご相談をいただいております。

 

発達凸凹の特性や症状は、一人一人様々です。

お子様の場合、多くの情報があっても、我が子に合うアプローチがどれなのか

迷われることも多いかと思います。

また、大人になってから、その傾向に気付かれた場合、どのように自己理解

していけばよいのか、お悩みになることと思います。

 

発達障害は脳の機能問題です。つまり、専門的です。

どうぞ、育て方の問題・自分の努力不足などと思わず、専門的なご説明や

有効なアプローチ・アドバイスをさせていただきますので、ご相談いただけたらと

思います。

 

私の息子が広汎性発達障害であることから、12年間経験してきたこと、

学んできたことが、お役に立てればこんな嬉しいことはありません。


私は、発達凸凹での困り感は症状に対する対処ではなく

発達の土台になる部分に働きかけ、困り感そのものを減らしていく

アプローチをご提案しております。

 

体と脳と心はつながっています。

 

お役に立てるように、全力でサポートさせていただきます。

発達障害や生きづらさで悩んでいる方を心より応援しています。

 

発達障害に詳しいカウンセラー  おーこ

→ カウンセラー紹介はこちら

 

ブログ:[ママだからできる・発達障害児がぐんぐん伸びる方法]

■子供の発達凸凹お母さん向け個別相談


■大人の発達凸凹個別相談
 
■タッチセラピー&原始反射統合セッションメニュー

■相談者さまのご感想

■ご予約・ご質問はこちらから
 
■メルマガのご登録はこちらから

▲このページのトップに戻る